2005年04月27日

喫煙の胎児への影響

私は、タバコを吸わないので、ぜんぜん平気ですが、喫煙喫煙者の方は大変ですよね。
今回は、妊娠時での喫煙による胎児への影響について、ちょっと勉強しました。

病院福住産科・婦人科クリニックのHPによると、

妊娠中の喫煙による影響
@ 周産期死亡
A 前置胎盤
B 胎盤早期剥離
C 前期破水


などがあげられ、早産の頻度が吸ってない人の1.4〜1.5倍に上がるそうです。

出産後の影響
@ 不機嫌
A 夜泣き
B 食欲低下


などがあり、ニコチンが母乳中に分泌され、ニコチン中毒を起きるからみたいです。


ということは、育児ストレスでタバコを吸い始めると、余計悪影響を及ぼす可能性が
あるってことですから、ほかの事でストレス発散をさせたほうがいいですね。

病院福住産科・婦人科クリニックのHP
http://www.ihj.jp/FUKUZUMI/DATA/D-19.htm

詳しい内容は

@ 周産期死亡
妊娠満22週以後の死産と早期新生児死亡(生後1週未満の死亡)をあわせたもの。

A 前置胎盤
前置胎盤とは、胎盤の子宮腔内の付着部位の異常をさす疾患
病院東府中病院のHPより
http://www5a.biglobe.ne.jp/~hhhp/fetal-appendage/placenta-previa.htm

B 胎盤早期剥離
まだ赤ちゃんが子宮の中にいるのに、胎盤が子宮から剥がれてくること。
病院福井愛育病院のHPより
http://www.fab.or.jp/abruption.html

C 前期破水
規則正しい陣痛が発来する以前に卵膜の破綻をきたし、羊水が子宮外に流出する場合
病院東府中病院のHPより
http://www5a.biglobe.ne.jp/~hhhp/prom/prom.htm

なんだか、ちょっと調べてみてみましたが、かなり影響が出てくることがわかってちょっと怖くなりました。やっぱり、妊娠時の喫煙喫煙には利益がないと思いました。

というわけで、禁煙禁煙できるようにがんばりましょうexclamation
posted by ともまる at 01:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊夫の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。