2005年05月01日

超音波検査の器械A

・超音波検査の器械A

超音波検査はどうやってするのか?最初の頃は、「経膣プローブ」と呼ばれる棒状の物を挿入して検査を行います。大体12週頃からは、おなかの上にプローブを当てる「経腹プローブ」を使うようになります。

参考資料
・ 初めてのたまごクラブ 2005年春夏号
http://women.benesse.ne.jp/tamahiyo/books/hatutama.htm

多分、よくテレビで見るのは、「経腹プローブ」だったので、私は最初っからこうだと思っていました。

また、ペン勉強になりました。
posted by ともまる at 23:24| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊夫の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。